読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ALL AROUND THE WORLD AGAIN

YOSHIKI TAKAHASHI OFFICIAL BLOG

ONE PIECE FILM Z(ワンピース フィルムZ)を鑑賞。興味あるひとはぜひ読んで欲しい。

MOVIE

前回のONE PIECEの映画FILM STRONG WORLDから早3年。

作者尾田栄一郎が全て監修したとのことで話題になり、興行も内容も最高だった ONE PIECE FILM 。

3年ぶりの今回も尾田さんが監修で、しかも新世界に突入していま進んでいる漫画との間の話ということで見なくちゃじゃない!と、情報公開されてからずっと思っていました。

ジョジョだけが好きと思ったら大間違いで、ワンピももちろん漫画も全巻そろってるし、複線の話も大好きでワンピについてながーく話せるほど好きだったりもします。

連載当時からほぼ欠かさずジャンプ読んでるし、ね^^

 

そして今回ONE PIECE FILM Zの上映が開始直後の土日の興行がやばいことになってるじゃないの!こりゃあもう行くしかない!って、昨晩レイトショーで行ってきました。

 ドン!!!!!

 f:id:yoshiki810:20121219133835j:plain

ネタバレはしないので、どこまでかけるか分かりませんが

まずは本編に繋がるストーリーという事で、本当今回の映画は絶対的に見逃せないと思います。

 

本編でも語られている

青雉と赤犬の決闘後、海軍を辞めた青雉の行方が読者は一番気になるんではないでしょうか。もちろん青雉は出てきてしかも美味しいとこどりの連続。格好良かったですよ。

そして物語には直接的には関係ないものの、現在の海軍の主力メンバーがどうやって鍛えられてきたのか。だったり大将、黄猿の強さ。そして多分原作にはでてこなそうだけど古代兵器にも匹敵するといわれている兵器の登場などなど。中々ワクワクさせてくれる見所も満載でした。

 

ただ、映画の内容は

見る人によっては、つまんない。で終わってしまうかもしれません。

前回ストロングワールドではナミを救出するために一丸となって助けに行くのでワクワクドキドキなのですが、今回の主な戦いはルフィVSZということでもしかしたらイマイチと思ってしまう人が多いか持って言う懸念があります。

 

だけど、絶対つまらないなんてことはない。

尾田さんはこの映画で男の信念というものを見事に書ききったと思います。

自分のこれは、正義じゃなく、悪かもしれない。

しかし、そこには信念という1本通った物があるから貫き通さなければならない。そんな男ならば誰でも惚れてしまいそうになる

信念を貫き通した「Z」という男のストーリーだと思うんです。

 

もちろんルフィもこの映画で己ノ信念を貫いていた。

海賊王になるということ。シャンクスに麦藁帽子をいつか返すこと。

 

しかし、それでもやっぱりこの映画は「Z」の話なんだと思います。

前回の映画はストロングワールドなのに、今回はそういや敵キャラの名前ですからね。Z。

 

だから、麦わらの一味の活躍ばかりに目を向けていると裏切られるかもしれない。

 

この映画は、

信念の大事さと、正義と悪を深く描いているんだけど、それでも子供には分かり易いように上手く作られた作品になっているんだと思います。

見た側の心に訴えるものが多い作品となっていました。

 

皆がこの映画の評価を下げようが僕は、この映画、高得点です。

とてもよかった。ありがとう。

 

 

もちろん、笑いもあるし涙もあるよ。

チョッパーがやたら可愛く描かれていたり、敵キャラの能力もユニークで面白かった。ナミさんとロビンちゃんはもう何かエロイし。

 

ぜひ、原作読んでる人は見てくださいね。

戦闘シーンは凄い迫力あってよかったよ!!もう、なんか尋常じゃないスピード(ドラゴンボール並み)で動き回ってて、あら!って思ったけど。

 

また見たいです!







覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!


高橋慶基/たかはしよしき/YOSHIKI TAKAHASHI/the Loser