読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ALL AROUND THE WORLD AGAIN

YOSHIKI TAKAHASHI OFFICIAL BLOG

自分があー幸せだなって、思える方法。

先週の3連休、新潟に帰った。
バンドをやってた時は、ライブ毎に実家に帰ってたから寂しいとか全然思わなかった。

1年も帰らないことなんてなかったし
みんな元気でいるのが当たり前だったから、無理して帰る気も起きなかった。

だけど
祖母が倒れ、ICUに運ばれて
認識が覆された。

人はいつも突然いなくなる

もう10年も経つのに
祖父が亡くなった時、
看取れなかった事を物凄く後悔している。


祖母が
辛くないならもう少し時間くれ
と願った。
 

祖母は生きた。
やまをこえた

祖母に会えた。

祖母といて
いつもはなんとなく恥ずかしくてできないけど

手を繋いで
抱きしめた。

こんなこと
世界から見たらちっぽけな事だろうけど
あの瞬間、少しでも祖母が幸せだったら良い。




当然、こうなってしまったら
時間は昔みたいに無限あるわけじゃない

この先の
有限の時間をどう使うかがテーマ。

今回、大人になってから、
初めてきちんと死を身近に感じた。

思えば家族はいつも僕を思ってくれてた。

その割に全然返せてない。

後ろを振り返れば
後悔しかないのは当たり前かもしれないけれど
それに気づいた今

有限の時間でやれる事はやりたいと思った。

両親は全然元気だけど
いつ何が起こるかわからないからこそ
常に恩返し出来ること考えていたい

自分が何かすることで、幸せを感じてくれる人にはさ、なにかしたい、してあげたいって、ものすごく今回の件で思ったよ。

綺麗事に思えるかもだけど
本当に思ってる。



愛犬の御墓参りにも行った。
つらいことがあるといつもここで泣いてた。

いつも愛犬とここに散歩に来た。

f:id:yoshiki810:20150722212444j:image

f:id:yoshiki810:20150722214103j:image
実家はむっちゃ山奥です。

f:id:yoshiki810:20150722214230j:image

昔は当たり前だったから、
珍しい虫たちもこの年になれば新鮮でむちゃくちゃいたからテンションあがった。

次はお盆に帰ろう。

一眼持って。
想い出を形にしよう。

みんなも
大切なひと
いついなくなるかなんてわからないから
いつも大事に思って
会える時はあいにいって
祖父や祖母なら抱きしめて
両親なら
一緒に食卓囲んで
大切な人はキスしてあげて。

そしたら不思議と自分も幸せになってる。

大切な人を幸せにすることが
自分が一番幸せになる方法でした。



自分もいつまで生きれるかなあ
その日までなるべく笑っていたいなあ。









覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!


高橋慶基/たかはしよしき/YOSHIKI TAKAHASHI/the Loser