読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ALL AROUND THE WORLD AGAIN

YOSHIKI TAKAHASHI OFFICIAL BLOG

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ


予告編を見て、すぐに見たいと思った作品。

上映開始日に、自転車をなくした僕を癒してくれるのはこの映画しかない。
これもきっと運命だろう、と、思い見に行った映画です。

かいじゅうや、妖精。そんなファンタジーなものが大好きな僕に
このコンセプトはたまらないよ。



かいじゅうたちがいる島。
そんな島に行ってみたい。

主人公は10歳くらいの小さな少年。

わがままで、いじっぱり。
でも、母や姉が相手にしてくれないと、すぐに悲しむ、さみしがり。


そんな少年が、母と争って
家を飛び出し、気がついたら森のなか。

なぜか、海につながっててボートもあって
こぎ出したら、怪獣のいる島へ。

そんな話なんですが。


しかし、映画はけっこう残念な感じでしたo(TωT )


軽くネタばれになるかもだけど…↓



小さな子供向けではなく、

自問自答の映画という風に解釈しました。



要は、わがままでさみしがりな主人公と
同じような性格のかいじゅうが島にいるんです。


主人公はそれをみてどう思って成長したのか
そこらへんが描き切れてないから
なんだか、しまりのない映画になってるんですね。

けど、主人公は子供だから自分に置き換えもせず
特に成長もしないんです 笑

そこがこの映画のいいところだと思うんだけど…

やはり、主人公目線で見れなかったぼくは…
うーん…な感じになってしまいました。

しかたないよなあ。子供目線なので23歳の私とはやはりずれちゃうよ。


しかし、子供が見ても理解はなかなかできないとおもうから、この映画の位置づけは本当に難しいなあ、と。




しかし、あのぬいぐるみの感じとか、
音楽、映像などはすごいじぶんはすきでした。


ストーリーはいまいちだったけど、DVDほしいかも。


そんな気分になる映画。



自分が、わがままでさみしがりだと思うそこの君。

ぜひ、見に行ってみては?

解釈によって
星やっつッorみっつッ!!







覚悟とは!!暗闇の荒野に!!進むべき道を切り開くことだッ!


高橋慶基/たかはしよしき/YOSHIKI TAKAHASHI/the Loser